インターネット航空雑誌 ヒコーキジャーナル第231号

2階

S・Fと書いているのかな?

今回撮影した格納庫はこのように一つの地区にあるのですが、ネットで調べてみるとMRJテスト用の格納庫があるようですが確認しておらず、海上保安庁福岡航空基地も数年後には北九州空港に移ってくるそうです。
ただ、以前あった元北九州空港ではフェンス越しに多くの軽飛行機を撮影できたのですが、軽飛行機駐機場を確認できませんでした。
駐機料が高いから北九州空港から去ったのか、北九州で軽飛行機を乗る人が少なくなったのかわからないが、新空港になり、軽飛行機を撮る楽しみがなくなったのは残念です。

佐賀航空格納庫

佐賀航空は北九州空港にも格納庫があるのですね。 大阪航空とも関係があるとも聞いていますので、全国に業務を拡大していっているようですね。

いつの間にか2機のT-4が飛んでいました。

この機体は2016年12月10日に行われた那覇航空祭以来の撮影でした。

T-4(06-5787)  第11飛行隊(松島基地)  ブルーインパルス6号機

終了し、着陸してきました。

何を描いているのかさっぱりわかりませんが、事前練習飛行なのでよしとしましょう。

右エンジン後部からスモークが出ていることがわかります。

T-4(96-5614)  第13飛行教育団(芦屋基地)

T-4(16-5657)  第13飛行教育団(芦屋基地)

2011年1月24日に撮影した通常塗装の同機。

T-4(96-5777)  第13飛行教育団(芦屋基地)   この機体も手を振っていてくれています。

着陸してきました。

基地は撮影地より高い位置にあり滑走路は見えず、離陸は無線受信機を持たない私では排気音で知るしかなく、離陸後の姿も見えません。

10時20分ころから2機のT-4が飛び始め・・・

◎ 2018年山口県・福岡県撮影旅行 No.5

河口湖自動車博物館の12045号機は掲載できませんので、所沢航空発祥記念館の12032号機を掲載しておきます。
なお、以前木更津駐屯地にあった航空資料館にL-21Bのプロペラを展示していたが新しい航空資料館に展示していないようで、一式陸攻のプロペラと共になくなっているようです。
共に日本にそんなに残っていないので、再度展示されればいいなと思っています。

L-21B(12016)  第3飛行隊(八尾駐屯地)

この写真を見ても機種がわからず、調べてみるとパイパーL-21Bとわかりました。
民間機名はパイパーPA-18-135で、陸上自衛隊は1953年から1965年ころまで62機が使用されました。
当然私は現役時代の姿を見たことはなく、展示機でも見たことがないと思っていましたが、河口湖自動車博物館と所沢にある航空発祥記念館で撮影していました。
62機も使用したのに展示機は2機しか残っておらず、ネットで調べても写真もほとんどありませんでした。
こういう写真は貴重であるにもかかわらず、日本国中の家の押し入れの奥のアルバムにはまだまだ残っているでしょうね。
写真の撮影年月日や場所はわかりませんが、部隊記号から第3飛行隊所属というのがわかり、左に新明和興業の工場が見え、機首部に説明板があることから、1953年から1965年までに伊丹空港で行われた催し物で展示された、第3飛行隊(八尾駐屯地)のL-21B(12016)ということまでわかりました。
このような古い写真がありましたら提供お願いします。

外国航空会社はJINAIRのみ就航しているようです。

久しぶりに来た北九州空港で、野菜を売っていたり足湯など特徴がある空港ですが、航空機を撮影に遠征して行くような空港ではないですね。 私なら福岡空港に行きます。
子供を連れて家族で行っても子供はすぐ飽きてしまうでしょうし、子供が飛行機に興味を持つことはなく、北九州市から航空の世界に就職していく人は少ないでしょう。
大人でも見るところはなく、航空資料館とまでは言わないが以前あった北九州空港のことや、現空港が完成するまでの歴史などをパネルででも展示していただきたいです。
以前の空港とは雲泥の差のある立派な空港ですが、生まれ故郷の空港でもあるので、日曜日には家族で遊びに来る人がいっぱいの空港になっていっていただきたいです


以上で2018年2月17日のリポートを終わります。

南展望デッキには足湯があります。

展望デッキ

3階

ターミナル内で野菜を売っていました。 物産展か何かの催し物かなと思ったのですが、定期的に店を出しているとのこと。 日本の空港で初めて見たと思います。

ターミナルビルに入ってみました。

登頂成功!

空港内に山を発見!

土地は余っているようなので、832坪の土地に大豪邸を建てたいという方はいませんか? 空港島で唯一の住民になれるでしょう。 ただ、個人の家を建てていいかどうかわかりませんが(笑)。

スターフライヤーの本社ビルかと思いましたがトレーニングセンターのようで、シミュレーターや客室のモックアップ・脱出シュートなどがあるのかな?
ということは本社はどこにあるの?

少し歩くとスターフライヤーの建物がありました。

JA3857をデジタル写真で調べてみると、2013年9月17日に八尾空港で撮影していました(この時には既に他の方の所有になっています)。 こんな撮影条件の悪い写真を皆様は撮らないと思いますが、この時撮らなければJA3857号機を撮らずに終わっていたでしょう(フィルムでは撮っているかもわからないが)。
この機体は2015年4月26日に鹿児島空港で胴体着陸し抹消登録されています。
なお、手前に写っているJA3447号機も、2017年10月8日に宮城県の瀬峰飛行場で横転大破しています。

スカイグローバルネット格納庫

これがスカイグローバルネット格納庫と思うがスカイグローバルネットという航空機会社も聞いたことがなく、フライチームで調べてみると、以前はセスナ172RG(JA3857)を運航していたようです。
なお、スカイグローバルネットという会社の格納庫というのはヤフー地図で調べた結果であり、現在は所有者が代わっているかもわかりません。

毎日新聞社格納庫

以前あった北九州空港には毎日新聞社以外の新聞社の運航基地があったと思うが、新空港になり福岡空港に移ったのかな?

タカギ格納庫

タカギという航空機運航会社は知らなかったが(以前タカギと書かれたステッカーが貼られた軽飛行機を撮影したことがあるような気もするが)、窓から格納庫内を見させていただくと、モーターグライダーと双発飛行機の2機が置かれていました。
飛行場を歩いてみると初めて知る会社があったりで面白いですよ。

スターフライヤー格納庫

A320が1機入る格納庫だと思うが、バニラやジェットスタージャパンは格納庫を持っていないと思われ、乗客としては自社で格納庫を持っている会社の方が安心できます。

共立航空撮影格納庫   共立航空撮影の格納庫は全国で見ているが、ここのも大きいな~。

北九州市消防航空隊格納庫

佐賀航空の格納庫が北九州空港にもあるのですね。 その左側にも格納庫があり使用者がわかりませんでしたが調べてみると、スカイグローバルネットという会社の格納庫のようです。

北九州空港管制塔

北九州空港で、2度目の訪問だと思います。 空港内を歩いてみました。

14時50分まで芦屋基地で撮影して、次に向かった場所は・・・

午前中にも飛んでいた機体でした。

C-130H(75-1076)  第401飛行隊(小牧基地)

C-130Hが飛来! こうして下から見てみると翼が長いな~。

う~ん 私の腕と機材では高速で飛ぶ機体の撮影は無理だ~。

嘉手納基地でF-15が2機で編隊飛行中に後方の機体が飛行中にエアブレーキ(スピードブレーキ)を出していて、評論家らしき方が着陸時以外にエアブレーキを使うことはありえないと報道されていましたが、ありえますよね~。
この時は低速飛行展示なのでこれは別と言われるでしょうが、急減速が必要となれば、出してもいいスピード以下であればそういう時もあると私は思います。

F-16CM-50-CF(94-0038 94-038)  第13戦闘飛行隊(三沢基地)

T-4(46-5730)  第11飛行隊(松島基地)  ブルーインパルス5号機

T-4(06-5790)  第11飛行隊(松島基地)  ブルーインパルス4号機

T-4(46-5731)  第11飛行隊(松島基地)  ブルーインパルス2号機

T-4(66-5745)  第11飛行隊(松島基地)  ブルーインパルス1号機

練習飛行のためか雑のように思うが、いつもこんな感じなのかな? なお、当日は障がい者の方々だけ招待されていて、基地内で見ていたと思います。

航空祭当日に家に帰る場合は基本ブルーインパルスが飛ぶ前に帰るので、ゆっくり見るのは久しぶりのように思います。

いつの間にかブルーインパルスが離陸していました。

この頃には百数十人のマニアや見学者が駐車場にいたと思います。

T-4(16-5665)  第13飛行教育団(芦屋基地)

T-4(06-5640)  第13飛行教育団(芦屋基地)

T-4(06-5636)  第13飛行教育団(芦屋基地)

T-4(06-5634)  第13飛行教育団(芦屋基地)

T-4(06-5644)  第13飛行教育団(芦屋基地)

着陸してきました。

着陸前の脚を出した後もV型編隊を続け・・・

7機によるV型編隊飛行を行い・・・

3機編隊が離陸して体型を変えたりして飛行した後・・・

次の4機編隊と・・・

2012年9月16日に行われた岩国航空祭の時に撮影した同機。

T-4(16-5665)  第13飛行教育団(芦屋基地)   この機体も手を振っていてくれています。

T-4(06-5639)  第13飛行教育団(芦屋基地)

T-4(96-5779)  第13飛行教育団(芦屋基地)   この機体も手を振っていてくれています。

2017年12月8日に撮影した増槽装備の同機。

4機が飛び回った後・・・

T-4は設計時に機関砲ポッドを装着できるようにしたという記憶があるが、必要なしと判断して装備しなかったのでしょうね。 T-4後継機には有事を考えて機関砲や対空ミサイルを装備できるようにしたほうがいいと思うのだが、有事より平時の費用の方が大事なのでしょうね。

現在研究中の新戦闘機用エンジンは、黒煙が少なくなっているかな?

2機ずつの編隊に分かれました。

他に4機が離陸していたようで、編隊で飛んできました。

T-4(06-5645)  第13飛行教育団(芦屋基地)

パイロットが手を振ってくれています。 ありがと~

T-4(06-5789)  第13飛行教育団(芦屋基地)

おっ! 特別塗装機だ!

着陸進入は南東側からであり、少し安心しました。

TOP

◎ いにしえの航空機写真

9時30分ころに到着したのですがマニアらしき人はそんなにおらず、前日に事前訓練があるかないかや、着陸方向がわかる風向きも調べていなかったので、この時は不安だらけでした。
まあ何も飛ばなければ、福岡空港にでも行って撮影するかとは思っていましたけどね。

〇 平成29年度芦屋航空祭 (2017年度芦屋航空祭)前日の模様

この機体は小牧基地で格納保管後に新しくブルーインパルス仕様機に改修された機体ですが、2006年8月27日に行われた松島航空祭で、既にブルーインパルス機と一緒に編隊飛行はしていました(T-4の奥の機体)。

今号では、2018年2月18日に行なわれた芦屋航空祭の前日の2月17日のリポートをお送りいたします。
撮影地は芦屋ボート駐車場で、以前に2~3回来たことがありますがアルバムソフトで「芦屋ボート」で検索しても出てこないので、デジタルカメラに換えた2003年以前に来たのでしょう。
以前来た時はT-1ばかり撮ったような記憶があるので相当昔ですが駐車場の雰囲気は覚えており、以前と変わりがないように思えました。
それでは編集を開始します。

T-4(26-5692)  第11飛行隊(松島基地)  ブルーインパルス3号機