インターネット航空雑誌 ヒコーキジャーナル第196号

KC-767(87-3601)が着陸してきました。

毎回那覇空港に行くと展望デッキの撮影環境が良くなっていないかを確認するため100円出して見に行っているのですが・・・

子供用遊具があり、沖縄で人が乗れるN700系新幹線があるのはここだけかもわかりません(笑)。

顔出しパネルとシーサー

那覇空港が設置したと思われるクリスマスツリー

がんばるけん!くまモンGO!塗装のJA812X号機。

第2滑走路工事現場へはひっきりなしに大型ダンプが土砂を運んでいるので、不発弾の1発や2発は混ざっているでしょうね。

撮影をしていると、第15旅団の不発弾処理隊の車両が緊急走行していました。

今まで沖縄に行った時に時々飲んでいたさんぴん茶ですが、ラベルをよく見るとジャスミンティーと書いてあり、さんぴん茶がジャスミンティーだったことを初めて知りました。
杏里が歌う「オリビアを聴きながら」にでてくるジャスミンティとはどんな味なんだろうと若い頃に考えたことがありましたが既に飲んでいました。
味は眠りを誘わないただのお茶でした(笑)。

さようなら~

さようなら~

これは残ったスモークオイルを捨てるためにやっているのかな~?

パイパーPA-28RT-201T(JA4128)  所有者:沖縄石油ガス  定置場:伊江島空港

私の撮影ポイントはブルーインパルスの飛行を見れる場所ではないのですが、時々見ることができました。

那覇基地慰霊碑

那覇市消防局顔出しパネル

この部隊マークのF-2を那覇基地で見られるとは思いませんでした。

F-2A(13-8521)  第8飛行隊(築城基地)

第304飛行隊の格納庫でしょうね。

ブルーインパルス

AW139(JA975A)  海上保安庁那覇航空基地所属  おきたか2号

パトリオットミサイル発射機

T-400の奥に飛行展示する機体と予備機が駐機していましたが、写真枚数削減のためこの写真だけにします。
F-15J(32-8941)・F-15J(52-8954)・F-15J(92-8913)
T-4(56-5740)・T-4(66-5743)・T-4(16-5801)

T-400(21-5061)  第41教育飛行隊(美保基地)

正式名称 : 2000ガロンビックディッパバケット

那覇基地にはかく座機収容機材があり、ニュース映像によるとはっきりはわからないが吊り上げ時には使われたようで役にたったのでしょうね。
以前名古屋空港で軽飛行機がかく座した時も収容する姿をニュース映像で見たのですが・・・

U-125A(42-3022)  那覇救難隊(那覇基地)

ヘルメットとフライトチョッキを着て撮影してもらえるコーナーがあり、私も撮影していただきました。 ハゲはヘルメットで隠れましたが、腹が出ていてとてもパイロットには見えない写真が出来上がりました。
昔は腹筋が出ていたのに、今は無残な体になってしまいました(笑)。

ゆいレールマン(正式名称わからず)

普段は販売をしている方々とのことで、全国から集まっているので一緒に練習する時はそうないと思われ、演技時間前にも練習していたのでしょうね。
なお、私はこういう写真を時々掲載していますが、書いていませんがすべて掲載許可を得ており、このダイコクドラッグダンスチームも関係者の許可を得ています。
風景写真に写ってしまっている方々からは掲載許可は得ていませんが、連絡をいただければ消去しますので、トップページにあるメールアドレスに御連絡ください。

今年も海上自衛隊地区の境界までは行けました。

昨年度の航空祭ではここでT-4や基地防空部隊の装備品展示をしていました。

那覇基地本部庁舎(南西航空混成団庁舎)は日曜日でも国旗を掲揚していました。 あと2~3年でこの石碑は南西航空方面隊という石碑に交換されるでしょう。

9時59分にはどこかの島の分屯基地のような手荷物検査場です(笑)。

9時49分には列が解消! 皆様の地元の駐屯地祭より楽に入場できると思うので、家族旅行も兼ねて一度那覇航空祭に行ってみてはいかがでしょうか? 冬でも長袖1枚で大丈夫だし、入場料無料で1日楽しめますよ。

長蛇の列といっても100mか200mほどで、厚木基地で2キロほどの列で2時間ほど並んだことを思えばトイレ待ちの列にしか見えません。
久しぶりに厚木のイベントにも行ってみたいが、あの日の事を思いだすと足が重いな~。

今号では2016年12月11日に行われた美ら海エアーフェスタ2016(2016年度那覇航空祭)の模様をお伝えいたします。

TOP

翼を左右に振って「さようなら」を言いながら帰っていきました。 パイロットさんありがとうございました。
が、F-15の前脚破損でF-15が飛行停止になっているのか、事故後多くのF-2が那覇基地に来ているそうです。
F-15が飛行停止ならばF-15配備基地にF-2とF-4が分散配備されているはずですがそのような報道はなく、那覇基地だけの飛行停止なのかもわかりませんし、以前から計画された一時的な移動訓練でもう帰っているかもわかりません。
はたして真相はどうなのでしょう?

UH-60JA(43119 : 沖縄仕様機)  第15ヘリコプター隊(那覇駐屯地)

シートベルト体験車

T-4(06-5634)  第13飛行教育団(芦屋基地)

ファルコン900(JA8570)  海上保安庁第11管区海上保安本部(那覇航空基地)  愛称:ちゅらわし1号

対空機関砲(VADS1-改)と那覇基地防空用SAM

F-15DJ(32-8082)  第304飛行隊(那覇基地)

会場案内図とスケジュールが貼っていたので撮影しました。 案内図には退役展示場は立入禁止になっています。
数年前はこの緑色の地区ほぼ全部行けたのですが、今はメイン道路と本部庁舎・格納庫及びエプロン地区のみとなってしまいました。
那覇基地に残っているという掩体壕と、陸上自衛隊格納庫横にあるという慰霊碑には永遠に行けることはないでしょう。

昨年の航空祭時の展示機の写真を掲載しておきますが昨年でも駐車車両が多く、今年は出店業者が多いので駐車場確保のためのようにも思うが、航空自衛隊OBの方々が血と汗と涙を流しながら運用した大事な機体であり、国民の税金をかけて展示しているのだから、国民が見られなくすることは御法度ですよ。

さあ私も入場しましょう。 2日続けて同じ基地・駐屯地祭に行くのは初めてでしょう。

9時50分開場のところ、那覇基地直近の赤嶺駅を9時40分頃出発し長蛇の列を認めました。

○ 美ら海エアーフェスタ2016 2日目

関西空港着陸後、タキシング中にロシアア空軍のIl-76MD(RA-78762)の機影を撮影し帰宅しました(笑)。
以上で2016年沖縄県撮影旅行全5巻の執筆を終わります(笑)。
御意見・御希望・御投稿・情報提供よろしくお願いします。

那覇空港第2滑走路工事現場を撮影し・・・

帰りの便はジェットスタージャパンのJA08JJ号機でした。

続いて海上自衛隊のC-130R(9054)も着陸してきました。 航空祭で展示していただきたかった。

宮里定三さんも嘆いているでしょう。 宮里定三さんが生きておられる時にこんな展望デッキにしたら苦言を言っていたでしょう。

ぜ~んぜん変わっていません。 最低ランクの展望デッキの称号をいつまで保持する気でしょうか。

このツリーにB-737の模型が固定されており、ウィングレットのハートマークから、この機体はスカイマーク機でしょうね。

ANA設置のクリスマスツリー

どこが設置したかわからないクリスマスツリー

エクセル航空のユーロコプターAS350B3(JA350D)

ここで訂正ですが、ヒコーキジャーナル191号で「なぜエクセル航空が那覇空港で遊覧飛行をしているの?」と書きましたが、那覇空港を拠点に遊覧飛行や離島間飛行をおこなっていたアイラス航空が2016年10月1日にエクセル航空と合併してエクセル航空となったことがわかりました。
ここに訂正をしてお詫び申し上げます。

さあ帰りの旅客便の出発時刻がせまってきたので空港に向かいましょう。

共立航空撮影のセスナ208B(JA889L)

行けたとしても超広角レンズを使ってでもB-777-300の全体を撮影することはできないでしょうね(笑)。

空港近くにおじさん発見! あそこに行っていいの? でもあそこにどうやって行くのだろう?

那覇基地に残る15センチ水上砲台を撮影することができました。
那覇基地に見学申請しての見学でしか見られないと思うが、航空祭時にも見られるようにしていただきたいな。

見ていると第2滑走路工事現場に行く道に入っていきました。

心ひとつに!! 行こう2020塗装機(JA751J)

さようなら~

C-130Hの帰還

2015年5月22日に成田空港で撮影した同機。

Endless Discovery機(JA614J)が着陸してきました。 えっ この機体は国際線機材じゃないの?
国際線を飛ぶ合間に国内線も飛んでいるのかな?

JTA格納庫前にスカイマーク機が駐機しており、スカイマーク機はJTAで整備を受けるのでしょうね。
以前にFDA機がJTA格納庫に入っているのを見たことがあるので大繁盛ですが、ANA系のMROジャパンも那覇空港に格納庫を建設するので、那覇空港は日本の航空機整備の一大拠点となっていくでしょうね。
なお、MROジャパンはMRJの推奨航空機整備会社に選ばれましたので、那覇空港でMRJが多く見られるようになっていくでしょう。
でも伊丹の工場はどうなるのだろう?
大阪の人間としては、伊丹でも引き続き整備や塗装を実施していってもらいたいです。

芦屋のT-4の帰還

ウィングレットのマークが左右違うスカイマークのJA737R号機。

ブルーインパルスの帰還  あれ? 5・6番機と予備機だ!
1~4番機は既に離陸していたようです。

翌日である12月12日も朝8時40分頃から瀬長島で撮影開始です。 F-2Aの帰還です。

やっと渋滞が解消されホテルに帰れました。 2016年12月11日のリポートは以上で終わります。

シャッタースピードは1/6秒でしか撮影できず、スカイマーク機が亡霊のようになってしまいました。 ルークオザワさんんでも1/6では同じ結果になったでしょうね(笑)。

シャッタースピードは1/15秒で、私の腕ではうまく撮影できません。

DHC-8-315(JA721A)  海上保安庁那覇航空基地所属  しまたか2号

ブルーインパルス飛行終了後1時間半たっても渋滞が続いているので帰れません。

飛行機撮影はもう限界ですが・・・

この機体は2016年10月20日に八尾空港で撮影していました。

RAC  DHC-8-402(JA82RC)

太陽は沈んできましたが、渋滞はまだ続いています。

ティーウェイ航空  B-737-8HX(HL8024)

ブルーインパルスの飛行が終わったのか、瀬長島の外周道路は大混雑です。

この機体は2016年6月3日の時点では特別塗装機だったのですが、通常塗装に戻っていました。

チェジュエア  B-737-82R(HL8263)

私はのんびり飛行機撮影です。

瀬長島はブルーインパルスを見る方々でいっぱいです。

またもや瀬長島です。

那覇基地を後にして向かった場所は・・・

ブルーインパルスを見るために今からエプロンに向かう方々を見ながら、私は正門へ登っていきます。

この夏のスキー場みたいなのは何だ?

今年は厚生センターにも行けませんでした。

ブルーインパルスはまだ飛んでいませんが、那覇基地を引き揚げます。

防毒マスクを装着して作業する写真がありました。 冷却材か何かが有毒なのかな?

これはAAM-3の説明板ですが・・・

CH-47JLR(57-4492)  那覇ヘリコプター空輸隊(那覇基地)

これら4機は飛行展示をしたと思うのですが、離陸時の写真しか撮っていませんでした。

UH-60J(08-4591)  那覇救難隊(那覇基地)

AW139(JA975A)  海上保安庁那覇航空基地所属  おきたか2号

沖縄県警察白バイ  私は以前同じバイクに乗っていました。

沖縄県警察パトロールカー

偵察用オートバイ

那覇救難隊装備品展示

T-4Jr(16-5670)

F100-IHI-220E

F-15DJ(82-8093)  第204飛行隊(那覇基地)
F-15の展示機はDJ型ばかりで、J型はスクランブル多発のため待機中です。

F-15DJ(02-8071)  第304飛行隊(那覇基地)

F-15J(42-8949)  第304飛行隊(那覇基地)

C-130H(75-1076)  第401飛行隊(小牧基地)

那覇基地の新しそうな格納庫

入間航空祭であれば、これくらいのスペースに300人ほどが立っているのではないですか?

P-3C(5054)  第5航空隊(那覇航空基地)

掲載はしていませんが当日はスクランブル機がひっきりなしに離着陸しており、某国は航空祭が行なわれていることを知っての行動だったのでしょうね。

女性隊員がおられたので撮影させていただきました。 海上保安庁でも女性隊員が増えていっているようです。
日本の国土と国民を守るため頑張ってください。

陸上自衛隊は初日はUH-60JAを展示し、2日目はLR-2を展示しました。 那覇航空祭でLR-2を展示したのは初めてかな? 来年度はCH-47JAか、いつでも有事には応援に来るぞということを某国にせるためにAH-64Dの展示などもいいのではないでしょうか。

LR-2(23052)  第15ヘリコプター隊(那覇駐屯地)

こんな搭載方法を普段はしないと思うのですがPAC-2とPAC-3を混載しており、下にある棒状の部品が木製か金属製かでPAC-2かPAC-3かがわかるそうですが、若年性痴ほう症(汗)のためどちらがどっちなのか忘れてしまいました。
たぶん金属製(左?)がPAC-3だと思うのですが、皆さんで航空自衛隊基地祭の時に聞いてください。

UH-60J(08-4590)  那覇救難隊(那覇基地)

ANA  B-737-881(JA81AN)  東北フラワージェットではないのが残念!
それと沖縄に本社があるJTAとRACが展示していないことも残念で、格納庫前に置かれていた機体番号が消されていた運用が外れているRACのDHC-8-100でも展示していただきたかった。

この説明板はLR型の説明板なのかな?

油圧か電気で扉を開けるのでしょうね。

余分な水を放出する穴から中を覗けます。

横で消火バケツを展示していました。

隊員に川崎重工業の銘板を撮影してもらったのですが、脚立がないと撮れないそうで、私自身がこれから撮影できることはないでしょう。

CH-47JLR(27-4487)  那覇ヘリコプター空輸隊(那覇基地)

那覇航空祭で写したこれらの写真が原因究明に必要であれば航空自衛隊に提供しますが、いらないでしょうね(笑)。

訓練は頻繁にしているとは聞いたことがあるが、運用する消防小隊員は実任務で緊張したでしょうね。 (この写真は三沢基地かく座機収容機材です)。

タイヤが外れたという報道もあり実際どうなったのかはっきりしませんが、航空自衛隊が「前輪部分が破損したため」と報道関係者に説明しているようです。
F-15は2015年1月14日にも千歳基地で前脚が折損しており、同じ原因かどうかわかりませんが、乗員に怪我が無く機体も大きな損傷はないようなのでホッとしています。

この機体は、2017年1月30日13時20分頃那覇基地離陸時に前輪に不具合が発生した機体です。

F-15DJ(92-8097)  第204飛行隊(那覇基地)

この機体が輸送型の最後の機体だとしたら、今年の11月末にオープンする名古屋空港横に出来る予定のあいち航空ミュージアムで展示される機体はこの機体でしょうね。
だとしたらこの機体は11月には退役することになり、那覇基地への飛来もこの時が最後になるのかもわかりません。

輸送型のYS-11はこの1機しか残っていないという情報もあるが、今は1機1機の動向を追いかけていないので事実かどうかわかりません。

YS-11P(52-1152)  第403飛行隊(美保基地)

昨日の展示はは92-3011号機だったので、機体を交換していただくことは多くの機体を撮りたい私としては嬉しいことです。

JTA  B-737-446(JA8999)  SWALジェット

KC-767(07-3604)  第404飛行隊(小牧基地)

海猿のお二人がエプロンを歩いていたので撮影させていただきました。 海上保安庁の救難隊員の方と話をする機会は今までなく、色々聞きたかったのですが急いでいるようだったので撮影だけ撮影のみです。 残念!

昨日に引き続きブルーインパルス隊員によるサイン会(?)が行なわれていました。 隊員はブルーインパルスを降りたら一航空自衛隊パイロットになりサイン会などなくなるだろうから天地の差があるのでしょうね。

KC-767の前に人だかりがありますが・・・

エプロン風景

これはラッピングフィルムなのかな? それとも描いているのかな?

この機体は前号でも掲載したT-4(96-5772)  第204飛行隊(那覇基地)。

那覇基地と松島基地(こちらは合成かもわかりませんが)でPVを撮影した沖縄のアイドルグループ「らぐぅんぶるぅ」の青空ストーリーは聞いてみたかったが、歌う時刻を見ていなかったので見れませんでした。
このPVは多くの航空自衛隊機も映っておりなかなかいいですよ。 You Tubeにあるのですがアドレスを貼っていいのかどうかわからないので、「らぐぅんぶるぅ」と「青空ストーリー」で検索してみてください。
ただこの日がメンバー2人のラストステージだったそうで、全国的に有名になるまで頑張っていただきかったです。

本日もステージでは音楽やダンスなどを行っていました。

昨日は早めに閉店していたANAブースですが、本日は朝から開店営業をしていました。
パイロットとCAさんと一緒に写真を撮れるというイベントですが、2人の写真を撮影させていただきました。 千歳航空祭でもANAはこのイベントを実施しており、小松でも行っているのかな? 航空自衛隊の航空祭でANAが多くイベントをしていただけることを有難く思っています。 

メイン道路に向かう途中でダンスの練習をしている方々がおり、関係者の方に聞くと皆様の家の近くにもあると思われるダイコクドラッグのダンスチームで、東京や大阪などから来てステージで踊るとのことです。

でもこのままエプロン地区に行けず、またメイン道路へUターンです。

今年度はこの広場に来賓の車両が駐車しているだけで、人の姿はありませんが・・・

正門とエプロン部とはかなりの高低差があり、後20年もたてば行きは大丈夫だろうが帰りは歩けるかな~?

那覇基地メイン道路横で那覇基地エイサー隊が演じていました。

遠くから撮影していますが昨年も1機1機近くから撮影しており、写真掲載枚数をできるだけ減らすため全機写った写真を選びました。

久しぶりに朝一番に入場したし昨日撮影していないので、先に退役展示機を撮影に行こうと正門を入って右に曲がろうとすると隊員に制止され、今年は退役機展示場は立入禁止になっているとのこと。
「なぜですか?」と聞いても、「上官に言われて通行禁止にしており、理由はわからない」とのこと。
航空祭時に退役機展示場を立入禁止にして、何のために展示しているの?
私は全国の航空自衛隊航空祭に行きますが、退役展示機が見られない航空祭は初めてではないでしょうか。(三沢と横田はアメリカ軍管轄基地です)
来年は公開されることを期待しています。

この正門を撮るのは何度目だろう? でも、撮れる時は何度でも撮っておきましょう。

おっ 手荷物検査場の横で何かやってるな~

9時48分には最後尾が見えてきました。

9時45分には正門前に到着したのですが列は動いており、正門からの入場は早めに入れたようです。

早く入場したいという考えはまったくなく、皆さんが正門から入場する姿を撮ろうと入場者待ちの列とは反対側の歩道を歩きます。
近くを歩いていた方が話しかけてこられ、「飛んでいる航空機を撮りに来たのに飛行が少ない」と不満を言っていました。
確かにエアーフェスタを訳すと空の祭典ですので、飛行が少なければ空の祭典とは言わないでしょう。
私のように要望や不満な事があれば総合案内所に言いに行く人ばかりではなく(基地側としてはうっとおしい人物だと思っているでしょうが)、普通の人たちは思っても心で思うだけだと思うので、私が聞いた航空マニアの嘆きが多くの航空マニアの本音だと思うので、那覇基地の航空祭担当の方はこういう考えの方がいたことを考えていただき、来年度の航空祭の計画をしていただきたいです。
なお、私は航空マニアの中では異端児なので、航空祭では一番の仕事は飛んでいなくてもいいから1機1機撮影すること、二番はヒコーキジャーナル用に航空祭の模様を撮影すること、三番は飛行機好きな人がたくさん近くにいることを感じて嬉しく思うことです(笑)。
三番は仕事ではないですが、普段の生活ではそんなに飛行機好きがいるわけではなく、飛行機好きがこんなに集まることはそんなにない事なので、人々が航空機を見つめるあるいは撮影する姿を見ているだけで嬉しいものがあります。