インターネット航空雑誌 ヒコーキジャーナル第191号

2012年9月23日に行われた小松航空祭の時は第306飛行隊機でした。 900番代の機体は能力向上された改修機が多く小松と那覇に多く配備されているので、最近は小松と那覇を行ったり来たりする機体が多いのかもわかりません。

この写真は2010年2月18日に瀬長島で撮影した同機ですが・・・

ターミナル内にこんなテーブルがあり・・・

JALカウンターにはなし。 寂しいですよJALさん。

スターフライヤークリスマスツリー

関空共用場所にあったクリスマスツリー

2016年12月8日から12日まで沖縄に行ってきました。
5日間はまずまずの天候で、最終日に少しパラパラと雨を被ってしまったくらいです。
以前もお伝えしたように、毎年最後に行われる那覇航空祭の時は1年間の取材・仕事の疲れを癒すために5日間は沖縄に滞在しようと思っており、今年も那覇航空祭の日程が決まると同時に宿・旅客便の手配を行っており、半年以上前の予約ではなかったかなと思います。
ただ今年は那覇航空祭の発表のだいぶ後に2日間開催に変更になったと思われ、急遽宿や旅客便の変更を行いました。
今までも那覇航空祭は夜間まで開催した事もあったと思うのですが、航空祭が2日間に渡って行われたのは初めてだと思い、アメリカ軍の横田航空祭では2日間に渡って行われていますが、全国の航空自衛隊各基地での航空祭では私は記憶がないように思います。
2日間に渡って行われた今回の那覇航空祭ですが飛行機マニアの方々からは不満の声を多く聞き、飛行展示がほとんどない航空祭で、スケジュールを見て沖縄遠征を止めた方も多くいたのではないでしょうか。
だが、編隊飛行はほととんどありませんでしたが航空祭の2日間も連日スクランブルが多くあり、実弾を搭載したF-15が数多く離着陸したので、行かれた航空マニアの不満は少し和らいだのではないでしょうか。
航空マニアではない沖縄在住の県民の方々にとってはいつもと違う航空祭で色々なイベントが行われ、好評だったのではないかと思います。

それでは12月8日の大阪出発からリポートを開始します。

◎ 2016年沖縄撮影旅行 No.1

ホテルでの飲食物を買うためにスーパーマーケットに寄ったのですが、レジ打ちが終わると支払いは機械に自分で入金する方式でした。
この方式は画期的で早く多くの客をさばくことができるでしょう。 以前書いたようにゆいレールの切符も珍しいし、地方の方が早く最新の機械を入れたり新しい方式を取り入れるように思います。
これは話が違うかもわかりませんが、私が高校生の頃まだ冷房の機械(エアコンではありません)が我が家になかったのですが、既に田舎の離れ小島にある祖母の家には冷房の機械がありました。
これは祖母の方が金持ちで、うちが貧乏だったのかもわかりませんが、その頃も田舎の方が新しい製品を取り入れるのが早いなと思ったことがあります。
今の若い方々にはエアコンのない生活など考えられないでしょうね。
なお、この写真は店員の了解を得て撮影させていただいています。


初日のリポートはこれで終わりで、9日分も今号でリポートしようと思っていたのですが、発行が遅くなるので今号はここまでとします。

JTA  B-737-446(JA8998)  SWALジェット

もう限界です。 ただ今18時2分で、こんな時間まで撮影しているのは画質にそんなにこだわらない私だけでしょう(夜間飛行の姿を撮影する方もいるとは思いますが)。

JTA  B-737-446(JA8992)  さくらジンベエジェット

コリアンエア  B-777-2B5ER(HL7530)

韓国の方々も避寒のため沖縄に来るので大型機が就航しているのでしょうね。 ISO16000で撮影しているので、拡大すればザラザラです。

E-2C(54-3458)  第603飛行隊(那覇基地)

RAC  DHC-8-402(JA82RC)

訓練中のRACのDHC-8-400型を瀬長島で今年の1月に撮影していましたが、就航後の撮影は初めてです。
RACのDHC-8-400型。

JTA  B-737-8Q3(JA01RK)

JTAのB-737-800型は初撮影で、2016年2月6日より運航しています。
JALと同じ165席仕様で12機発注しており、7号機以降はB-737MAXになるかもとのと。 B-737-800の増機によりB-737-400型は2019年6月までに全機退役予定とのことです。

JAL  B-777-346(JA8945)

JALのB-777-300型の国内線機は4機に減っており、月間エアライン誌によると500席仕様で、羽田と伊丹からの那覇線専従機材となることが多いとのこと。
A350-1000が500人以上の乗客を乗せられるのかわかりませんし国内線に就航するのかわかりませんが就航は当分先で、それまでこの4機を運航するのかな?
JALとANAは500席以上の大型機は必要だと思うのだがどうなるのだろう。

F-15J(92-8913)  第204飛行隊(那覇基地)

ANA  B-787-8(JA812A)

日中にANAのB-787を連日1便だけですが撮影でき、たぶん羽田線でしょうね。

私がJA8974号機を最後に撮影したのは、2016年1月30日に瀬長島での撮影が最後でした。 カナダに売却されたとのことであるが他のサイトの情報によるとカナダでC-FRQHとなり、ノルウェイのFlyVikingという会社でLN-FVBという登録記号になる予定とのことです。
暖かい沖縄の地から寒いノルウェイで本人はびっくりしているでしょうが、これからの活躍を祈っています。
潮風にさらされながらの16年間お疲れさまでした。

RAC  ボンバルディアDHC-8-314(JA8936)

RACにDHC-8-400型が導入されたためか、今回の旅で飛んでいる100型を1機も見ることはできませんでした。
石垣や宮古を基点に飛んでいるのかもわかりませんが那覇空港でストアされている機体もあり、RACの100型の終焉は近いでしょう。
なお、今調べたところJA8974が2016年7月29日に抹消登録されていました。

2009年8月9日に行われた千歳航空祭では第203飛行隊でした。

この機体は2015年12月13日に行われた那覇航空祭では、第9航空団編成特別塗装機として展示されました。

F-15J(52-8955)  第204飛行隊(那覇基地)

F-15J(02-8919)  第204飛行隊(那覇基地)

F-15J(02-8919・52-8955)  第204飛行隊(那覇基地)

今回の沖縄の旅では実弾を装着したスクランブル機を多く見ることができ、瀬長島でもまあまあ撮影しましたが、2機編隊で着陸進入してきたのはこの時だけだったと思います。
でも2機共ゴーアラウンドしてその後1機ずつ着陸してきましたので、スクランブルの帰りに2機での編隊着陸のシュミレートをしたのかもわかりません。

この機体は2011年8月7日に行われた千歳航空祭で撮影して以来の撮影で、当時は第201飛行隊所属でした。

T-4(96-5772)  第204飛行隊(那覇基地)   那覇空港到着後は恒例の瀬長島で撮影開始です。

専用待合室もありますので、沖縄を上空から撮りたい方や島々に素早く行きたい方はエクセル航空に聞いてみてください。

千葉県の浦安ヘリポートを拠点としているエクセル航空が、いつから那覇空港でヘリコプター遊覧をしていたのでしょうか。 全然知りませんでした。

えっ! エクセル航空が行なっているの!

那覇空港ターミナルビルにヘリコプター遊覧のブースがありました。

さあ着陸です。

真下に近いので写りが悪いことをお許しください。
最近地主の方が年間20億円で5年間の賃借後に売却する提案を官房長官と防衛省に提出したと報道があったが、さあどうなるのでしょう?
オスプレイは12月13日に沖縄で不時着(墜落?)し、当日は違う機体の前輪が出ずに普天間基地に着陸しています。

この写真は2010年2月16日に撮影した馬毛島で、あまり変わりがないように思うが少し浸食されているようにも見えるが、これは写す角度でそう思うのかな?

沖縄線は馬毛島上空を通るので気にしながら外を見ていたのですが見えず、ふと少しだけ背伸びして下を見ると発見し、急いでカメラを準備し撮影できました。 もう少しで見逃すところでした。

開聞岳  若い頃バイクでここまで来たが、まだ池田湖の大うなぎは生きているかな?

少し見えた宮崎空港

神戸空港と神戸の街

離陸!

関空はジェットスターの第2のハブ空港になっていて、予備機が待機しています。

スイスポートの職員が見送ってくれます。 

最近恒例の航空局銘板撮影です。

本日の搭乗機体は、ジェットスタージャパンのJA09JJ号機で、たぶん初搭乗の機体です。

スマートフォンなどが充電できるようになっていました。 トイレなどで充電して窃盗騒ぎにならずいいことですね。
ちなみに私はまだガラケーなので、10日から半月は充電せず使えます。 でも旅行先でネットを使えず、非常に不便な思いをしています。

関空の第1ターミナルビルは横に長いのですが、動く歩道が修理か整備かわかりませんが停止中です。 数か月前に来た時も停止しておりどれだけ時間がかかるの?

コリアンエア  B-777-3B5ER(HL8218)   コリアンエアのB-777-300ER型が関空にも飛来しているのですね。

ジェットスターアジア  A320-232(9V-JSM)

ジェットスタージャパンの機体ではなく、シンガポールが拠点のジェットスターです。

KLMオランダ航空  B-787-9(PH-BHH)

ピーチ  A320-214(JA815P)  KTMジェット

ターミナルからの撮影は搭乗橋などがあって正面しか見られず、いきなり離陸してきたのでエクステンダーを装着する時間がなく小さく写ったピーチ特別塗装機。
歌手グループ「ケツメイシ」とのコラボレーションラッピング機で12月7日から運航しており、私はこの特別塗装機の存在を知りませんでした。
まあ那覇空港で撮影できるだろうと思っていましたが撃沈でした(汗)。

早めに手荷物検査を受け、逆光の中ターミナル内から撮影。   タイ国際航空  B-747-4D7(HS-TGY)

各航空会社はB-747を退役させていっていますが、タイ国際航空はまだ退役をせず使い続けています。 今回この写真を載せるにあたってタイ国際航空の機材を調べたところ、B-747-300型が2機運用していたとなっていました(HS-TGD・HS-TGE)。
タイ国際航空のB-747-200型は撮った記憶があるが、300型を撮ったことがあるかな~?

ジェットスタージャパンはローコストキャリアのためなし。

ANAカウンターのクリスマスツリーと顔出しパネル

珍しくアトラス航空機が駐機しているようです。

TOP

JTA  B-737-8Q3(JA02RK)

JA02RKもこの旅の初日に撮影できました。 撮影時刻は17時28分で、この時期沖縄以外でこれだけ明るい地域はないでしょう。
機首に「うちな~の翼」と書かれているがこれは400型と同じであり、800型ではデザインを少しでも変えていただけたら私は嬉しかったです。

F-15J(82-8899)  第204飛行隊(那覇基地)


3機共AAM-5の訓練弾を装着しており、スクランブルの合間に訓練もしっかり行っています。

F-15DJ(82-8093)  第204飛行隊(那覇基地)

以前はアメリカの空母が来港していたのに、もう来ることはないでしょうね。

あれっ 見送りが終わるの早くない?  スイスポート職員「けっ 安く乗っているのに文句言うな!」(笑)

ポケモンクリスマスツリー

関西空港に到着しましたが航空機出発までそんなに時間がなく、展望施設に行ってゆっくり撮影する時間もないので、4階から駐機機体をパチリ。 シンガポール航空の成田便にA350が就航したそうですね。